成功例だけではないことも把握することが必要|植毛・整形手術

このエントリーをはてなブックマークに追加

beautiful

食事を避ける脂肪吸引

施術前後の食事はとらないようにします

キャビテーションは皮膚の上から超音波をあてて脂肪細胞を破壊する切らない脂肪吸引です。破壊された脂肪細胞は肝臓に集まるため、一時的に肝臓に負担がかかります。そのため、施術後すぐに食事をしたり甘い物を食べたりすることは控えた方がいいでしょう。糖分や脂肪分によって肝臓に負担が増してしまいます。同じく肝臓に負担がかかるので施術直後のお酒も控えます。 脂肪細胞が破壊され血液によって運ばれるので、一時的に、血液中の脂肪の量が増えます。これは一過性のもので、心配はありません。 基本的には、施術の30分前から施術後2時間くらいを目安に、食事は控えるようにします。キャビテーションを行って、その後でリンパマッサージなどを受けて、脂肪の排出を促すことが大切です。キャビテーションの効果を最大限に生かすようにします。 肝臓や胃にかかる負担は一時的な物なので心配はありませんが、自分でできることを行って、不安な要素は少なくするといいでしょう。

効果はありますが何回か通う必要があります

キャビテーションは、医療現場で結石の粉砕などに使われている一般的な方法です。超音波を脂肪細胞に当て、気泡を作り、気泡が弾ける力を利用して細胞壁を壊し、脂肪細胞を破壊します。脂肪細胞を破壊する効果は実証されています。その後、破壊された脂肪細胞は血液やリンパに乗って体外に排出されます。この時に、キャビテーションだけを行って放置してしまうと、脂肪が冷えて塊となってしまう恐れがあり、マッサージやウォーキングなどで血流をよくし、脂肪が流れるようにした方がいいでしょう。 キャビテーションは切る脂肪吸引ほど一度に大量に脂肪を除去することができません。効果はあるのですが、広い範囲や大量の脂肪を一度に除去することは難しく何回か通うことを念頭に入れておくといいでしょう。 エステで受ける体験コースなどで一回でどの程度の脂肪が減るか効果を試してみることもできます。